保守情報をA&A会計にインポートする際に注意すべきこと

【2013年8月8日 | カテゴリー:Tips集, データインポート | 松田税理士事務所 】



© dny3d – Fotolia.com


保守情報(勘定科目など)をテキスト形式でA&A会計にインポートしたい場合があります。例えば、今までBootCampで弥生会計を使っていて、A&A会計に移行したい場合などです。

そのような時、できるだけ既存の環境をそのまま移行したいと思います。例えば、弥生会計で使っていた勘定科目名称及び勘定科目コードをA&A会計でも使いたい場合などです。そのような時は、弥生会計で使用していたそれらの情報を、A&A会計側でひとつずつ手入力で作成する方法もありますが、このような方法は非常に非効率です。

今まで弥生会計で使っていた勘定科目名称及び勘定科目コードを、できるだけ効率的にA&A会計で作成したい場合は、テキスト形式の勘定科目データをA&A会計に直接インポートした方が良さそうです。

本日のエントリーでは、その際の注意点などを解説していきます。(弥生会計など多くの会計ソフトには、勘定科目情報などをテキスト形式でエクスポートすることができます。)
Read More




過去のブログ記事はこちら

最新のエントリー


[記事一覧を見る]

カテゴリー



月別アーカイブ



タグクラウド

tab移動 伝票の修正 削除 単一入力 売掛金の入力 帳簿入力 摘要登録 現金出納帳 破棄 買掛金の入力 預金出納帳


Amazonで購入


このサイトについて

0315
     Annecy,France

メールはこちらへどうぞ
matsuda[at]tax-management.jp
[at]を@に変更してください。




uniqlock

Sponsor