A&A会計を徹底解説! > 仕訳処理 > 源泉所得税の納付時の仕訳処理

源泉所得税の納付時の仕訳処理


 本日のエントリーは源泉所得税の納付の仕訳処理を解説していきます。

 源泉所得税の納付方法は、納期の特例という6ヶ月分を収める方法とひと月分を収める方法の2通りあります。ひと月分を納める方法は当月分を翌月の10日までに納付します。6ヶ月分を収める方法は、1月から6月分は7月10日までに、7月分から12月分は翌年1月20日までに納付することになります。

 但し、納期の特例を選択できる会社は、給与の支給人員(役員も含めて。)が常時10人未満の会社のみです。納期の特例を選択すると、毎月の事務負担が減るということに加えて、資金繰りの面でもメリットがあるので適用ができる会社は、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書を提出することをお勧めします。

 まずは給与から源泉所得税を控除します。


毎月納付する方法

翌月の10日までに納付します。借方は「源泉所得税/預り金」です。

半年分(納期の特例)を収める方法

1月20日までに納付します。(今回は、7月分から12月分と想定しています。)借方は「源泉所得税/預り金」で、金額は6ヶ月分です。


 源泉所得税を納付する方法は、郵便局などの金融機関の窓口で直接納付する方法と、会社口座から引き落とす「ダイレクト納付」の2通りがあります。

 次回のエントリーでは、ダイレクト納付の解説をします。


[前の記事]
[次の記事]