A&A会計を徹底解説! > 入力 > 現金入力を超高速入力する方法

現金入力を超高速入力する方法


本日のエントリーでは、現金入力の超高速入力する方法を、旅費交通費を例に解説していきます。

超高速入力する方法

[STEP1]  まずはじめに、1ヶ月分の旅費交通費の領収書だけを集めます。入力は、できるだけ科目毎にレシートを集めて、一気に入力する方法が効率的に入力することができます。

[STEP2] 「command+O」で伝票入力画面を表示します。

[STEP3] 日付を入力して、定型伝票の旅費交通費を呼び出します。(定型伝票を作成していない場合は、まず旅費交通費の定型伝票を作成します。(*1))

伝票入力の際、各項目の移動はtabキーで移動します。tabキーで項目移動の設定はメニューの伝票→tab移動で、tab移動する項目を設定します。(*2)

 

[STEP4] 借方金額、摘要欄を入力します。貸方金額は、「command+/」で自動的に借方金額がコピペされます。(この設定は、環境設定で、金額複製にチェックして、コマンド+の欄に、「/」を入力します。(*3))

 

[STEP5] 入力が完了したら、「command+S」のショートカットキーで伝票登録します。

 

続けて、2枚目の旅費交通費のレシートを入力します。

[STEP6]「command+D」のショートカットキーで伝票を複製します。金額がリセットされ空白になります。2枚目のレシートを見ながら、実際の内容を入力していきます。ここでも、貸方金額は入力せずに、「command+/」で借方金額をコピペします。あとは、同じ要領です。

 

どうでしょうか。かなり入力を効率化できそうですね。超高速入力のコツは、できるだけショートカットキーを活用することと、そして定型伝票に予め取引を登録しておくことです。

 

(*1) 定型伝票の登録:メニューの保守→定型伝票から登録

 

(*2)メニューの伝票→tab移動で設定:日付、定型伝票、科目はチェックしておきます。デフォルト設定で部門のチェックはついてるので、これは外します。

 

(*3) メニューのA&A会計の環境設定の入力項目で設定。

 

まとめ

ショートカットキー
「command+O」:伝票入力画面を表示
「command+/」:借方金額を貸方金額にも入力
「command+S」:伝票登録
「command+D」:伝票複製

その他
各項目の移動はtabキーで移動:メニューの伝票→tab移動で設定する


[前の記事]
[次の記事]






「入力」カテゴリ


カテゴリー



Sponsor

松田税理士事務所(豊中)