A&A会計を徹底解説! > 入力 > 入力の方法 > 帳簿入力の画面から、現金出納帳と預金出納帳の入力をする方法

帳簿入力の画面から、現金出納帳と預金出納帳の入力をする方法


では、本日は、パターンB:「帳簿入力」(現金出納帳+預金出納帳)で伝票を入力していく方法の解説をしていきたいと思います。

帳簿入力は、メニューの伝票から帳簿入力を選択します。

赤で囲まれた部分が、帳簿入力の伝票部分です。


帳簿入力での仕訳入力は、会計や簿記の知識がない方に、特にお勧めする入力方法です。お小遣い帳感覚で、単純に入出金を現金出納帳と預金出納帳に入力していく方法です。簡単かつ入力時間も少ない方法です。

また伝票入力(複合仕訳)の部分は、書籍などで自社の取引パターンに応じた仕訳処理を学習し、予めそれを定型伝票に登録しておくことで解決できます。簿記の知識のない方でも入力可能です。

 

帳簿入力での現金出納帳入力は、固定科目に小口現金を選択します。

 

帳簿入力での預金出納帳入力は、固定科目に普通預金(又は補助科目として金融機関の名称)を選択します。

実は、複合仕訳(*1)でなければならない伝票は、小規模会社の場合は非常に少ないのです。給与支給時の源泉所得税や社会保険料の預り金の処理、または売り買いの相殺時の仕訳などが複合仕訳の代表例です。それらの伝票は、予め定型伝票に登録しておくことをお勧めいたします。

その他の取引処理のほとんどの仕訳は、帳簿入力(現金出納帳+預金出納帳)の画面からの入力だけで完結してしまいます。

帳簿入力のメリット
①パソコンさえ使うことが出来れば、簿記の知識のない方でも、入力可能な方法です。

帳簿入力のデメリット
①期中現金主義会計で入力していくため、発生主義会計の利点がそのままなくなることになる。具体的には、適正な期間損益計算が行えなくなります。

②伝票入力画面で利用できる定型伝票という便利な機能は使えません。ただ、単純に入出金項目を入力していくだけなので、定型伝票の機能がなくてもたいした問題ではありません。

*1 1つの取引に、3つ以上の勘定科目が発生する伝票のこと。例えば、借方に勘定科目が2つ、貸方に勘定科目が1つといったような仕訳伝票のこと。

税理士事務所が顧問先に対して、会計ソフトの導入をサポートする際にも、ほとんどが帳簿入力をメインにしていると思います。経理担当者に簿記の知識がない場合でも、比較的スムーズに会計ソフトの導入を行うことができます。

会計や簿記の知識がない場合は、ほぼ例外なく、帳簿入力で仕訳を入力していくことになります。


[前の記事]
[次の記事]






「入力の方法」カテゴリ


カテゴリー



Sponsor