A&A会計を徹底解説! > A&A会計とは > 帳簿について > A&A会計には、売掛帳や買掛帳はない?

A&A会計には、売掛帳や買掛帳はない?


先日のエントリーでは、「A&A会計には、現金出納帳や預金出納帳はない?」と題して書きました。
では、売掛帳や買掛帳はどうなのか?ということについて、本日は書いていきたいと思います。

現金出納帳や預金出納帳と同じように、A&A会計には、売掛帳や買掛帳といったメニューは存在しません。
では、売掛帳や買掛帳の入力をするには、どの画面から入力すればいいのかについて解説していきたいと思います。

ちなみにWindowsの会計ソフトのEPSON財務応援や弥生会計では、ご覧のように売掛帳や買掛帳といったメニューが表示されています。

「EPSON財務応援の売掛帳、買掛帳の選択画面」
伝票入力で売掛金

「弥生会計の売掛帳、買掛帳の選択画面」
伝票入力で売掛金

 

A&A会計では、3つの方法で売掛帳や買掛帳の入力をすることができます。

まず、1つ目の方法が、伝票入力で入力する方法です。借方に売掛金、貸方に売上高(又は、借方に仕入、貸方に買掛金)を選択して入力します。
「売掛金の場合」

伝票入力で売掛金

 

「買掛金の場合」

伝票入力で買掛金


2つ目の方法が、単一入力で入力する方法です。伝票入力と同じく、借方に売掛金、貸方に売上高(又は、借方に仕入、貸方に買掛金)を選択して入力します。

「売掛金の場合」

単一入力で売掛金

 

「買掛金の場合」

単一入力で買掛金


最後に、3つ目の方法が、帳簿入力で入力する方法です。売掛金の場合は、固定科目に「売掛金」を選択して、相手科目に「売上高」を選択します。金額欄は、借方金額(増加)の欄に入力します。買掛金の場合は、固定科目に「買掛金」を選択して、相手科目に「仕入」を選択します。金額欄は、貸方金額(減少)の欄に入力します。
「売掛金の場合」

帳簿入力で売掛金

 

「買掛金の場合」

帳簿入力で買掛金

 

上記のように、3つの方法があるのですが、簿記や会計の知識がある方は、伝票入力か単一入力で入力する方法をお勧めします。そうでない方は、帳簿入力から入力する方法をお勧めします。

ただ、簿記や会計の知識がない方でも、定型伝票に上記の仕訳を予め登録することによって、伝票入力の画面から定型伝票を呼び出して入力する方法でもいいかもしれません。
「売掛金の場合」

伝票入力の定型伝票で売掛金

伝票入力の定型伝票で買掛金


[前の記事]
[次の記事]