A&A会計を徹底解説! > 入力 > 入力の方法 > A&A会計の3つの入力画面

A&A会計の3つの入力画面


本日はA&A会計の3つ入力画面について改めて書いてみたいと思います。A&A会計には、伝票入力、単一入力、帳簿入力の3つの入力画面があります。それぞれの入力画面について簡単に特徴を書いていきたいと思います。






伝票入力

A&A会計の伝票入力の画面

対象:簿記や会計の知識のある方

どのような取引の時に使用するか:複合仕訳(*)のある取引。例えば、給与支給時や報酬の支払時などになります。また、振込手数料を控除して仕入代金(又は買掛金)を支払うときや、振込手数料を控除されて売上代金(または売掛金)が入金される際にも使用します。

特徴:① 伝票入力画面は、複合伝票を作成する入力画面になります。では複合伝票というのはどういうものなのでしょうか。
借方と貸方にそれぞれ金額と勘定科目を入力する必要があります。資産項目、負債項目、経費項目を取引の内容によって適正に借方や貸方にそれらを入力する必要があります。それを間違ってしまうと試算表の数字が合わなくなり、利益の数字も誤ったものになります。なので、簿記や会計の知識がないと伝票入力の画面では伝票を作成できないのです。
*複合仕訳とは、1つの取引に、複数の勘定科目が発生する伝票のことをいいます。

② 定型伝票の機能が使える。



単一入力

&A会計の単一入力の画面

対象:ある程度簿記や会計の知識のある方(複合仕訳ではないので、伝票のパターンが分かれば簿記の知識がなくてもある程度は可能。ただし、その伝票のパターンは基礎的な簿記の知識が必要です。gogoleなどで調べるとすぐに分かる場合が多いです。)

どのような取引の時に使用するか:複合仕訳のない取引。つまり、借方と貸方にそれぞれ1科目の勘定科目のみの発生で完結する取引のことです。売掛金や買掛金の発生時の伝票作成は単一入力の画面で入力することを強くお勧します。


特徴:① 摘要語句を予め登録することによって、高速入力が可能となります。(これはオススメの入力方法です。別エントリーで解説します。)



帳簿入力

&A会計の帳簿入力の画面

対象:簿記や会計の知識のない方


どのような取引の時に使用するか:主に現金出納帳と預金出納帳の入力。現金出納帳は現金で支払ったレシートを見ながら入力します。預金出納帳は預金通帳を見ながら入力します。特に、預金出納帳は預金通帳の移し替えと考えていいかと思います。

特徴:入金と出金の項目をそれぞれの欄に入力するだけで伝票の作成が可能となります。簿記や会計の知識がない方でも伝票の作成が簡単に出来ます。簿記や会計の知識がある方にもお勧めの入力画面です。一方、帳簿入力画面では、伝票入力画面で利用できる定型伝票の機能は使えません。単一入力画面で利用できる摘要登録を使った高速入力は帳簿入力画面でも利用できます。


[前の記事]
[次の記事]






「入力の方法」カテゴリ

「入力画面」カテゴリ


カテゴリー



Sponsor