A&A会計を徹底解説! > 各種設定 > 入力項目のTab移動の設定

入力項目のTab移動の設定


A&A会計には、各入力項目をtabキーで移動できる機能があります。この機能を適正に設定することによって、効率的に入力を行うことができます。
ただ、インストール直後のデフォルトの設定では入力項目でないカーソルにも移動してしまう設定なので、これを入力項目にのみカーソルが移動する設定に変更します

この設定をすることにより、入力項目ではない、担当や部門の項目はスキップします。

このようなイメージです。入力しない項目はスキップして、入力項目にのみカーソルが移動しているのが分かります。(画面は帳簿入力画面)



tab移動の設定をする前に、tab移動のダイアログボックスの画面で、初期化をクリックします。(理由については、ページ下部の追記をご覧下さい。)

では、実際に各入力画面でのtab移動の設定について解説していきます。

帳簿入力画面のtab移動の設定

A&A会計の帳簿入力画面の入力手順は、概ね以下のような手順となります。(担当や部門などのの入力をしない場合です。)
年→月→日→固定科目→摘要→相手科目→借方金額→貸方金額→登録、の順に入力していきます。Tabキーでの移動もそれと同じ順序に設定します。

[STEP1] まずは、入力画面を表示します。ここでは帳簿入力画面でのtab移動の設定なので、帳簿入力画面を表示します。


[STEP2] メニューの伝票からtab移動を選択します。



[STEP3] tab移動のダイアログボックスが表示されます。入力方法が、帳簿入力になっていることを確認します。



[STEP4] 図のように、有効とするカラム内容にチェックをします。



[STEP5] OKをクリックします。

単一入力画面のtab移動の設定

では、次に単一入力画面でのtab移動の設定の解説をします。
A&A会計の単一入力画面の入力手順は、概ね以下のような手順となります。(担当や部門などの入力をしない場合です。)
年→月→日→摘要→借方科目→貸方金額→金額→登録、の順に入力していきます。Tabキーでの移動もそれと同じ順序に設定します。
[STEP1] まずは、入力画面を表示します。ここでは単一入力画面でのtab移動の設定なので、単一入力画面を表示します。


[STEP2] メニューの伝票からtab移動を選択します。



[STEP3] tab移動のダイアログボックスが表示されます。入力方法が、単一入力になっていることを確認します。



[STEP4] 図のように、有効とするカラム内容にチェックをします。



[STEP5] OKをクリックします。

伝票入力画面のtab移動の設定はバグなのかもしれない?

伝票入力画面でのtab移動の設定なのですが、図のように、カラム内容に、伝票日付(日)や借方金額がなく、また貸方金額の項目が重複しています。また、入力方法も伝票入力ではなく振替伝票となっています。いずれもバグの可能性があります。本ブログでは、とりあえず伝票入力画面のtab移動の解説は省略することにします。(エーアンドエー株式会社より回答が得られましたので、伝票入力画面でのtab移動の設定の解説も以下に記載しております。)

A&A会計のメーカーに問い合わせをして、回答が得られましたらまた本ブログ上で報告したいと思います。

追記:平成25年4月19日
エーアンドエー株式会社より、回答がありました。
上記のような場合は、初期化ボタンをクリックすることにより症状が改善するようです。私も実際に試して確認しました。

初期化をクリックします。カラム内容に、伝票日付(日)、借方金額、定型伝票などが現れました。



* 初期化のクリックは、必ずtab移動の設定前に実施してください。一旦初期化をクリックてしまうと、既に設定している他の入力画面の設定も全て初期化されてしまいます。

では、伝票入力画面でのtab移動の設定の解説をします。
A&A会計の伝票入力画面の入力手順は、概ね以下のような手順となります。(担当や部門などの入力をしない場合です。)
年→月→日→定型伝票→借方科目→借方金額→摘要→貸方科目→貸方金額、の順に入力していきます。Tabキーでの移動もそれと同じ順序に設定します。
[STEP1] まずは、入力画面を表示します。ここでは伝票入力画面でのtab移動の設定なので、伝票入力画面を表示します。


[STEP2] メニューの伝票からtab移動を選択します。



[STEP3] tab移動のダイアログボックスが表示されます。入力方法が、伝票入力になっていることを確認します。



[STEP4] 図のように、有効とするカラム内容にチェックをします。



[STEP5] OKをクリックします。

本エントリーでは、税区分、部門、担当者等を入力しない場合の設定を解説しています。なので、これらの項目を入力する場合には、必ずチェックして有効にして下さい。


[前の記事]
[次の記事]