A&A会計を徹底解説! > 摘要登録と入力 > 摘要語句の新規登録 > 摘要語句の登録方法(その③ 伝票入力画面と単一入力画面の場合)

摘要語句の登録方法(その③ 伝票入力画面と単一入力画面の場合)


これまで摘要語句の登録方法およびその入力について2回にわたって、帳簿入力画面の預金出納帳(普通預金)小口現金のエントリーで書いてきました。本日のエントリーでは、伝票入力画面、単一入力画面での摘要語句の登録方法およびその入力についての解説をしていきます。

* 本ブログでは、伝票自動作成を、「予め「勘定科目」と「摘要語句」を登録しておくことにより、伝票が自動作成される。」ということにします。

伝票入力画面や単一入力画面においても、基本的には前回2回にわたって解説してきた帳簿入力画面と同じように

「摘要語句を選択するだけで、自動的に借方科目、貸方科目、摘要語句が入力されます。」

伝票入力画面、単一入力画面帳、簿入力画面、いずれの入力画面においても、この摘要語句の伝票時同作成機能を使った入力方法は、弊事務所のイチオシの入力スタイルです。
この説明だけでは、あまりピンとこないかもしれません。しかし、実際にを日常の入力業務のなかでは、この伝票時同作成機能のありがたさを実感するはずです。
ちょっと話はそれますが、現在クラウド会計と言われるソフトが色々と登場していますが、このようなかゆいところに手が届く機能こそが、インストール型ソフトの大きなメリットだと思います。

では、実際に解説していきます。

摘要語句の登録

伝票入力画面、単一入力画面でも、帳簿入力画面と同様に予め摘要語句の登録をしていきます。(摘要語句の登録時に、入力方法で「全部」を選択した場合は、伝票入力画面、単一入力画面、帳簿入力画面のすべての入力画面でその摘要語句が表示されます。)


帳簿入力画面の預金出納帳(普通預金)小口現金でのエントリーで詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

実際の入力の様子

単一入力画面、伝票入力画面における、摘要語句を使った伝票時同作成機能の実際の入力の様子です。

伝票自動作成は、定型伝票か摘要語句のどちらが便利か?

本エントリーの冒頭部分で、伝票自動作成を、「予め「勘定科目」と「摘要語句」を登録しておくことにより、伝票が自動作成される。」ことを指すことにします、といいました。

そうであるならば、A&A会計には2つの伝票自動作成方法があります。
1.本エントリーで解説している、摘要登録の語句を利用した伝票時同作成機能
2.伝票入力画面でのみ利用可能な定型伝票機能(☆税理士事務所がオススメする入力の組み合わせパターン☆で少し解説しています。)
では、どちらが便利なのでしょうか?

複合伝票(勘定科目が3つ以上でてくる伝票のこと)では定型伝票機能を使い、単一伝票(勘定科目が借方、貸方それぞれ1科目のみの伝票のこと)では、本エントリーで解説している方法、つまり、摘要語句を使った伝票時同作成機能を使った方がいいのではないでしょうか。

なぜなら、定型伝票機能は伝票入力画面でしか使えませんが、摘要語句を使った伝票時同作成機能はすべての入力伝票画面で使えるからです。(何度も言いますが、語句の登録の際に、必ず入力方法を「全部」を選択しなければなりません。)

伝票入力画面での定型伝票機能のメリットは、複合伝票(勘定科目が3つ以上でてくる伝票のこと)が作成できるということだけです。(伝票入力画面でしか使えない)定型伝票機能は、単一入力画面や帳簿入力画面では使えないというデメリットの方がはるかに大きいと考えています。


[前の記事]
[次の記事]