A&A会計を徹底解説! > 摘要登録と入力 > 摘要を使った入力 > 摘要コード入力時に発生する事象とその回避方法

摘要コード入力時に発生する事象とその回避方法


本日のエントリーは、再び「摘要欄」のお話です。

摘要登録の機能を使って、予め登録した摘要語句を選択する際に、以下の2通りの方法があります。
① 選択窓リストから摘要語句を選択する方法
▼をクリックして、摘要登録されている語句を選択します。



② 摘要コード(数字)を入力することで摘要語句が自動入力される方法
2と入力すると、摘要コード2に登録されている語句、ここでは、「切手購入、日本郵便」が自動入力されます。


の2通りがあります。


しかし、②の方法の問題点として、摘要欄に数字を含む語句(例えば、2月分)を入力する場面では、逆に妨げとなってしまいます。なぜなら、「2月分」と入力したいにもかかわらず、2と入力した時点で、摘要コード2に登録されている摘要語句が自動入力されてしまうからです。ここでは、「切手購入、日本郵便」と自動入力されてしまいます。

そこで、このような場合には、

摘要コードによる入力機能をOFFにすることでこの事象を回避することができます。

(つまり、②の方法を使用禁止することがでいます。)

1)メニュのA&A会計の環境設定を選択します。

2)環境設定ダイアログが起動します。入力タブをクリックします。

4)摘要コード入力は利用しない、にチェックします。

これで、数字を含む語句を摘要欄に入力することができるようになります。

*上記のような問題は、摘要欄に半角の数字を入力した時に発生します。なので、その他の回避方法として、かな変換を有効にしたうえで、大文字で数字を含む語句を摘要欄に入力すると、上記のような事象は発生しません。


[前の記事]
[次の記事]