A&A会計を徹底解説! > インストール後すぐやるべき事 > A&A会計をインストールしたら、まず最初にやるべきこと(その① 環境設定)

A&A会計をインストールしたら、まず最初にやるべきこと(その① 環境設定)


本日のエントリーはA&A会計をインストールした後、まずは最初にやることを書いていきたいと思います。

A&A会計をインストール後は、デフォルトの環境設定をカスタマイズすることにより、効率的に入力作業が行うことができます。また、自社特有の勘定科目を登録することにより、税務会計の規則に沿った伝票の作成ができるようになります。今回は、環境設定のカスタマイズです。

 

まずはメニューの環境設定を開きます。環境設定ダイアログが起動します

入力タブをクリックします

1.デフォルトの入力設定は帳簿入力にチェックします

A&A会計には、伝票入力、単一入力、帳簿入力の3つの入力画面がありますしかしメインの入力画面は帳簿入力になります

 

2.新規ボタンに先んじて登録するをチェックします

ここは、伝票登録すると同時に新しい伝票作成の画面を表示することができます。ここにチェックをしなければ伝票登録しても 画面は変わらず、新しい伝票作成時に、いちいち、新規登録のボタンをクリックしなければなりません。なので、ここチェックすることにより連続して伝票入力することが可能になります

3.担当名入力の省略でエラーを表示のチェックをはずしておきます。

4.起動時は新規入力のチェックをします

5.初期ソートは、伝票日付順にします

6.税区分と部門入力は省略するにチェックします

7.結果を伝票入力にも表示するにチェックします

8.カラム表示のダンスは1段表示にします

9.初期ソートも伝票日付順にします

10.摘要メニューの表示行わないにチェックを外します

11.摘要コード入力は利用しないにチェックします

 

次に表示タブをクリックします

表示するすべてのカラムに日付と伝票番号を表示するにチェックします

検索において当日の修正は修正とみなさないにチェックをします

カラム表示のダンスは1段表示にして初期ソートは、伝票日付にします

 

次にバックアップタブをクリックします

終了時にバックアップ実行を尋ねるにチェックします

(旧)や(前)をゴミ箱に入れずに完全に消去するにチェックをします

デフォルトバックアップ先名は、あらかじめ書類フォルダなどに新しいフォルダを適当な名前を付けて作成しそのフォルダを指定します。

 

次にその他タブをクリックします

貸借バランスチェックのところは、必ず貸借残高の合計が一致しない場合には警告を表示するにチェックをしておいてください

A&A会計の環境設定のカスタマイズは、とりあえずこれくらいやっておけば、入力作業や入力後の確認作業は比較的しやすくなるのではないでしょうか。


[前の記事]
[次の記事]






「インストール後すぐやるべき事」カテゴリ


カテゴリー



Sponsor