A&A会計を徹底解説! > データインポート > 補助科目CSVインポートファイルのフォーマットについて

補助科目CSVインポートファイルのフォーマットについて


本日のエントリーは、補助科目のCSV形式のインポートファイルのフォーマットについての解説です。

A列から一定の順序で、各項目を入力します。各項目の順序を間違うと正しくインポートできないので、必ず次のような規則でインポートファイルを作成してください。

【補助科目のフォーマット】
A列→科目コード
B列→補助科目名称
C列→科目種別
D列→借方、貸方区分
E列→消費税の税区分
F列→残高
G列→ショートカット

下図は、売掛金の補助科目のフォーマットです。





下図は、売上高の補助科目のフォーマットです。消費税免税事業者でも、消費税の税区分は入力してください。(税区分を空欄でインポートした場合は、免税事業者から課税事業者になった際に、各科目の税区分をすべて再設定する必要があります。最初の設定時に税区分の設定もしておくことをお勧めします。)



インポートする科目の各項目は、勘定科目の登録ダイアログで確認してください。

補助科目CSVデータのサンプルファイルは、こちらのリンクからダウンロードできます。

売掛金の補助科目インポートサンプルデータ(右クリックで、リンク先を別名で保存を選択してください。)

売上高の補助科目インポートサンプルデータ(右クリックで、リンク先を別名で保存を選択してください。)


[前の記事]
[次の記事]