A&A会計を徹底解説! > 各種設定 > 本年度の会計データを翌期に繰越す方法

本年度の会計データを翌期に繰越す方法


繰越処理とは?

決算日が到来すると、翌期の入力をしていくために、会計データの繰越処理を行います。
繰越処理とは、本年度の会計帳簿を閉鎖し、次年度の新しい帳簿を作成する処理のことです。

繰越処理のタイミングと注意点

繰越のタイミングは、通常は決算が確定した時です。しかし、それに時間を要する場合などは、一旦、繰越処理を行い、翌期の入力を行いながら、同時に当期の決算処理を行うこともできます。当期や翌期の会計期間の選択は、ファイル→事業所作成から行うことができます。

しかし、その場合は決算が確定したタイミングで、当期末の残高を翌期の期首残高に移行する処理を行う必要があります。その解説は、後日のエントリーで解説します。

*決算が確定し、税務署に決算書を提出した以降は、その会計期間のデータの修正等は、絶対にしてはならないので気をつけてください。

A&A会計での繰越処理の方法

【STEP1】ファイル→事業所作成を選択します。



【STEP2】繰り越したいデータを選択して、新規会計期間をクリックします。

【STEP3】前期残高を繰り越す、にチェックしてOKをクリックします。

【STEP4】新しい事業年度のデータが作成されましたらOKをクリックします。新事業年度の入力が可能となります。


[前の記事]
[次の記事]